相続と現金化の方法|良質な不動産物件を選定する方法|有力な情報源

良質な不動産物件を選定する方法|有力な情報源

積み木

相続と現金化の方法

女の人

現金や株券などを相続する際には相続税がかかるので、生前に不動産に変えておく人が少なくありません。不動産の場合は相続の際にあまり税金がかからない特徴があります。そのため、相続する資産の金額が多い場合は不動産の活用が最適といえます。不動産を相続した場合にはそれを活用する方法と売る方法があります。例えば土地を相続した場合にはその土地に住宅を建てる方法があります。また、駐車場にしたり、アパートやマンションを建てて経営する方法があります。相続した土地は所有しているだけで税金がかかりますが、投資などで活用することで利益を生むことができます。ただ、特に土地の活用を考えていない方や相続する方が多い場合には売ることをおすすめします。不動産を現金化することで、他のことに使えたり、相続しやすいメリットがあります。

不動産を売る方法は仲介と買取の2種類あります。仲介の場合は不動産会社に査定をしてもらって、売却の依頼をする媒介契約を結びます。購入希望者と売買契約を結ぶことで、不動産を現金化するので時間がかかります。ただ、安く買いたたかれることがないので、時間がかかっても適正価格で売却したい方に最適です。買取の場合は購入希望者を探すのではなく、直接不動産会社に買い取ってもらう方法です。早いところだと数日で現金化できるので、金融資産の相続税を支払わなければならないときに最適といえます。ただ、売却価格が安い傾向があるので、なるべく高く買い取って欲しい方には向いていません。このように仲介と買取にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、不動産を売る際にはそれらを踏まえて現金化することをおすすめします。